メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

""選り抜き記事

世界遺産エンブレムの旗

世界遺産は、1972年ユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リストに登録された、遺跡景観自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」をもつ物件のことで、移動が不可能な不動産やそれに準ずるものが対象となっている。慣例的な用法として、その中の文化遺産世界文化遺産自然遺産世界自然遺産と呼ぶことがある。

世界遺産条約はユネスコ成立以前、20世紀初頭から段階的に形成されてきた国際的な文化財保護の流れと、国立公園制度を最初に確立したアメリカ合衆国などが主導してきた自然保護のための構想が一本化される形で成立したものである。世界遺産は、政府間委員会である世界遺産委員会の審議を経て決定される。……


""新しい記事

""新しい画像

""強化記事

  • 収塚古墳は、大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁150-2にある前方部が短い帆立貝形前方後円墳(帆立貝形古墳)。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つで、国の史跡に指定されている。大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の前方部南東隅近くにあり、前方部を西に向け、墳丘主軸線を大仙陵古墳の外濠に並行させるように造られており、墳丘の位置と主軸線の方向から、大仙陵古墳の陪塚の一つと考えられている。築造年代は、出土品などから5世紀中頃と推定されている。……
  • 孫太夫山古墳は、大阪府堺市堺区夕雲町2丁の大仙公園内にある前方後円墳。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つであり、世界文化遺産百舌鳥・古市古墳群 -古代日本の墳墓群-」の構成資産の一部として登録されている。大仙陵古墳南側の外濠の近傍にあり、竜佐山古墳の東側に位置し、前方部を西に向け、墳丘主軸線を大仙陵古墳の外濠に並行させて築造されており、墳丘の位置と主軸線の方向から、大仙陵古墳の陪塚とされる。……

ウィキペディアは非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。